--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.14 12月の災難




昨年末の楓の災難…キレイになって年を越させてやろうと

トリミングをお願いしたら、誤ってお腹をハサミで

チョキンっと切られるという事件がありました。



楓が動いたのが原因なのかもしれませんが、忙しさの

あまりトリマーさんの手元が狂ったというのも

考えられます。



今年は昨年のような事がないように、年の瀬の

トリミングは避け、余裕を持って予約して

いたのですが…。



昨日の話です。 



昼頃、いつもお願いしている動物病院と併設して

いる所へトリミングをお願いし、(ハサミチョキンとは

別の場所です)、クリスマスなリボンをつけて貰って

より可愛くなった楓なのですが、夕方になったら

お顔が変な事に!!




左目をしばしばさせ、ちゃんと開けていられない様子。

目ヤニかな?と思ったら、そんな感じではなくて

緊急事態発生の予感がします…慌てて昼間トリミングを

お願いした病院に連れて行きました。



先生の診断では、トリミングの際にカットした毛が

目の中に入ったため、炎症を起こしているとの事。



中に入っていた毛を取ってもらい、念のため眼球の

検査をしましたが、特に傷もなく心配する必要は

ないそうです。



二種類の点眼薬を処方され、様子をみていますが

今朝になっても、目は開かないまま。。。

昨日の今日で、すぐに良くなるわけないのかなぁ。



それにしても、12月のトリミングでは災難ばかり。

来年は何もない事を祈るばかりです。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。