--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.28 ミシンの怪




実は私、ミシンを持っていないんです。

今使っているものは、母から借りているもので、もう2年くらい

我が家に居候。母も「 いつ返してくれるの? 」 と言いながらも

自分では使わないらしく、まるで最初から私のモノだったかの

ように利用しています。



先週末、そろそろ自分のミシンがあっても良いかな~と

思ったので、百貨店のミシンコーナーを物色していました。



すぐに近寄ってくる販売員さん(女性)…。

「どのようなタイプをお探し?」に始まり、私に子供がいると

決め込んだトーク。そりゃもう、しつこい!

「 今日は急いでいるので、拝見するだけです。」 と返事を

しましたが、名前やら連絡先を聞かれたので、「 すみません

急いでいるので… 」と言って、名刺とパンフレットだけ頂いて

そそくさと帰ってきました。



で、昨日…ネットで相場を調べ、もう1度ミシンコーナーを

見に行ってきました。

この間の女性販売員さんは不在だったのですが、今度は

男性がピッタリくっついてきます。

「 どのようなタイプを… 」と話し掛けてくる途中

私がネットで調べたメモをチラリと見て



「 それは代理店のモノばかりですね。メーカー希望小売価格

なんて、あってないようなもの。最初から、安モノを作って

いるんですよ。」 とおっしゃる。

私が???という顔していると、続けて「 うちは直営店なので

扱うモノが違うのです 」と…


男性販売員は、直営店の方が良いミシンを扱っていて

代理店のミシンは粗悪だと言わんばかり。

同じメーカーなのに何でそんな事になっているのか

不思議でたまりません。



下取り扱いで安く出来るとか、オマケを付けるとか

色々と接客するわりには、「おいくらになるのですか?」と

聞くと、「ホントに買っていただけると決まるまで

お値段は言えません」ですって。ナンジャソリャ。



挙句の果てには、「 1度女性販売員さんと話をした 」 と言うと

「じゃ、あとは○○さん(女性販売員)と話して下さい!」と

切り捨てられました。

「 営業のマナーです。人の客は取らないって事 」

だそうです。商売する気があるのかしら…??



家に帰ってきてから、ネットでミシンの事を色々と

調べていたら、この業界…なんだか変なんですね。

知らなかった。

もっともっと調べてから購入することにしようっと。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。